挙式スタイル(教会式・チャペル式)

『教会式(チャペル式)』

教会で神に結婚を誓い
愛の証に指輪を交換する儀式💍
親族のみならず友人や知人など
多くのゲストに出席してもらえるのも
人気なポイントですね!
本来、教会は公的な祈りの場であり
信者が礼拝を行う場所。
そのため挙式できるのは信者だけであったり
信者でなくても前もって結婚講座を
受ける必要があるのが通例。
ですがホテルや式場にあるチャペルは
結婚式用の施設であることが多いので
こちらは誰でも式を挙げることが可能です。

 

教会式・チャペル式のココが良い!!

①~家族の絆を感じるベールダウンとバージンロード~
邪悪なものから花嫁を守るベールダウン
ベールダウンとは・・?
バージンロードを歩き始める前に
お母さまへ感謝の気持ちを伝え
新しいパートナーの元へと
送り出してもらうセレモニーの事です。
ベールは魔除けの役割を担うため。
ベールをおろしてあげることで
花嫁さんの安全と幸せを願うことになります。
その為、生まれた瞬間から見守ってくれていた
お母さまにお願いする事が多いんだそう。
今までの人生を現すバージンロード
バージンロードとは・・?
『花嫁さんの人生』そのものを表し
その神聖な道は花嫁の
『過去・現在・未来』を象徴すると
言われています。
エスコート役の方は花嫁さんの
今日までの人生を共に歩き
1番近くで支えてきてくれた方に
お願いをしましょう。
②~荘厳な雰囲気の中、一歩一歩と彼のもとへ~
聖歌隊の美しい賛美歌が響く中
お気に入りのウエディングドレス姿で
祭壇の前で待つ彼の元へ・・

 

➂~退場時にはフラワーシャワーで祝福~
新郎新婦に向けて列席者が花びらを蒔くことで
花の香りによった辺りを清め
幸せを妬む悪魔から二人を守る意味があるそうです。
京都伏見・宇治で婚活なら結婚相談所「トーチブライダル」
最終更新日: