自分に合う人(パートナー選び)

人は、パートナーを選ぶときの基準というものを知らず知らずのうちに身につけています。
それは育ってきた環境や職場や近しい周りの人との影響もあると思います。

容姿、能力、知能、経歴、経済状態、生活環境、社会的評価の面で自分がどの辺りに位置しているのか自然と自分なりに判定をしているのです。

玉の輿願望があっても、うまくいかないのはとても高い目標設定になっていて自分を過大評価している可能性があるのかなと思います。なので本当の意味で「自分をよく知る」必要があるし自分にとって本当の意味で合う相手を探すためにも表面的な条件だけではないところをきちんと見た方が良いでしょう。容姿が良い、条件が良いからと無理やりあなたが相手に合わせようとすればそれは、いずれ破綻します。

 

相手に無理に合わせようとせず自然に自分を受け入れてくれる、相手を自分が受け入れられるというような人を選びましょう。それがあなたに「見合った相手」です。
自分自身を自分で理解していることは婚活や結婚生活にも有利だと言えるでしょう。

自分の事は自分が誰よりも分かっていると思いがちですが自分の事を客観的に見る事が出来ないため実は難しい事と言えるでしょう。

婚活では自分の欠点を知り認めることから始めてみましょう。欠点が分からない人は両親や知人に聞いてみるのも良いかもしれませんね。自分と向き合えて初めて「見合った相手」が見えてくると思います。

 

 

京都伏見・宇治「トーチブライダル」

HOME

 

 

最終更新日: